HOME > 漢方薬豆知識 > 症状別お血のタイプ


あなたのお血のタイプはどれ?
お血にはさまざまなタイプがあります。
あなたのお血のタイプを知って、
上手に対策をとりましょう!



↓↓ 症状別お血のタイプ一覧 ↓↓



症状
・疲れやすい
・食が細い
・風邪をひきやすい
・汗をかきやすい
・顔色が悪い
・生理が遅れやすい
・肌がカサつく
・動悸がしやすい
・体が冷えやすい
・生理通がひどい
・夜中に何度も
 トイレに行く
・低体温
・のどが渇きやすい
・肌が乾燥している
・手足がほてる
・皮膚の炎症が
 ない・ある
・生理前胸が張る
・イライラしやすい
・ため息が多い
・胸やわき腹が痛む
・足がむくみやすい
・頭が重たい
・太りやすい
・吐き気が
 起こりやすい
タイプ


「元気不足タイプ」

血液をめぐらせる「気」のパワーが不足しているため、エネルギー不足による血行不良です。


「貧血タイプ」

赤血球や白血球、血小板、血しょうが不足しているため老廃物が回収できず、流れが悪くなります。


「冷えタイプ」

体が冷めて血のめぐりが悪くなり、さらに冷えやすくなる、という悪循環に陥っています。


「カサカサタイプ」

(乾燥しているタイプ)
「煮つまりタイプ」
(炎症があるタイプ)

体内のうるおい不足、あるいは炎症で血液がドロドロになります。


「イライラタイプ」

ストレスで血管が緊張して、伸縮力がなくなっているため、血液が流れにくくなっています。


「ため込みタイプ」

体内に余分な水分や脂肪がたまって、血管にくっついて、血液の流れを邪魔しています。
対策

● 充分な睡眠をとり、「気」を生み出す軽い運動が大切です。

● 生ものや冷たい物は避け、穀類や温野菜など胃腸をいたわる食事を!

冠元顆粒+気の不足を補う漢方薬(補中益気湯、香砂六君子湯など)





● 睡眠前はリラックスして、質の高い睡眠をとりましょう。

● 鉄分の多いレバー、緑黄野菜、黒豆,黒ごまなどをとり、血を増やす食生活を!

冠元顆粒+血を補う漢方薬(当帰芍薬散婦宝当帰膠など)





● ゆっくり入浴して、体を芯から温める習慣を。

● 体を温めるねぎ、しょうが、にら、にんにくなどをとり、夏野菜、南国の果物などの体を冷やす物は控えめに!

冠元顆粒+体を温める漢方薬(海馬補腎丸参茸補血丸、至宝三鞭丸など)



● 汗のかきすぎに注意しましょう。汗をかいたら適度な水分補給を。

● 香辛料は控えトマト、きゅうり、すいかなどうるおいをあたえる食べ物を!

冠元顆粒+体をうるおす漢方薬(麦味参顆粒、八仙丸など)




● マッサージやストレッチで心と体を解きほぐしましょう。深呼吸や歌も効果的です。

● 三つ葉、セロリー、しそなど香りの良い野菜を食べましょう。香りの良いお茶も効果的!

冠元顆粒+ストレスを解消してくれる漢方薬(加味逍遥散星火雲胆湯など)


● 積極的に体を動かして汗をかく習慣をつけましょう。

● 腹八分目を心がけて、体の余分な水分を取り除く大根、きゅうり,梨などを食べましょう。

冠元顆粒+余分な脂肪や水分などを取ってくれる漢方薬(防風通聖散など)








漢方のおはなし 漢方豆知識 症状別治療 取扱商品 ご相談窓口 お店の紹介 HOMEへ