HOME > 症状別治療薬 > ガンと免疫 > ガンと免疫Q&A

  [ ガンと免疫のページにもどる ]

Q1. 漢方薬だけで治るガンはありますか?
Q2. 漢方薬の治療方法は、西洋医学とどう違うのですか?
Q3. ガンを予防する効果のある漢方薬はありませんか?
Q4. 再発防止の目的で漢方薬を服用する場合は、いつまで続けるべきですか?
Q5. 手術や化学療法、放射線療法を行う前に服用しておくと効果のある漢方薬はありますか?
Q6. ガンを抑制する作用のある食べ物はありますか?





Q1. 漢方薬だけで治るガンはありますか?
漢方薬だけで治ると断言できるガンはありませんが、漢方薬によって体の免疫力が十分高まり、抗ガン活性のある生薬の作用が加われば、ガンが縮小したり、消失したりして、治ることもあります。






Q2. 漢方薬の治療方法は、西洋医学とどう違うのですか?
手術、化学療法、放射線療法は西洋医学の3つの基本的治療法です。いずれもガンを攻撃することが目的ですが、正常な組織細胞にも損傷を及ぼすことがあります。一方漢方薬の場合は、体全体のバランスや全身状態を改善することを重視し、体自身の治癒力と抵抗力を高めるものとガン細胞をやっつけるものとの組み合わせで、体に害を与えずに回復をはかります。






Q3. ガンを予防する効果のある漢方薬はありませんか?
ガンの予防は、生活習慣(食事、たばこ、飲酒、運動不足、ストレスなど)の注意と改善が基本です。それに加えて、体の免疫力、抗酸化力を高める漢方薬と健康食品を上手に利用することが有用です。






Q4. 再発防止の目的で漢方薬を服用する場合は、いつまで続けるべきですか?
一度ガンにかかった人は、体質上、免疫力と治癒力に欠陥があると考えられます。免疫力を高める目的で的確なものをなるべく長く飲み続けた方がよいでしょう。






Q5. 手術や化学療法、放射線療法を行う前に服用しておくと効果のある漢方薬はありますか?
手術や化学療法、放射線療法などは体にある程度の損傷を与えるので、それに耐える充分な体力をつけておくことが大事です。基本的には、気、血を補うもの、血液循環を改善するものが中心となります。手術前に「吉祥蘇霊廣」などを服用すると、手術中の出血を抑える作用もあります。







Q6. ガンを抑制する作用のある食べ物はありますか?
トマト、にんじん、ニンニク、ニラ、らっきょう、ネギ、生姜、キャベツ、キノコ類、大豆、味噌、柑橘類、鮭、イカスミ、緑茶、ヨーグルトなどが、調査の結果ガン細胞の増殖抑制作用が確認されていますが、やはり偏食せずに、バランスよく新鮮なものを食べることが大切です。



















漢方のおはなし 漢方豆知識 症状別治療 取扱商品 ご相談窓口 お店の紹介 HOMEへ