HOME > 症状別治療薬 > ガンと免疫


ガンと免疫パンフレット ガンと免疫
免疫力を高めてガンを予防!
ガンの西洋医学治療に、抗がん、抗酸化の働きのある漢方薬、健康食品をあわせて使うと治療効果を上げると同時に副作用を防ぐこともできます。

「ガンと免疫」パンフレットを無料で差し上げております。
ご希望の方は、メールまたは、鹿嶋薬局店頭までお越し下さい。
※メールでご請求の際には、お名前、送付先ご住所をご連絡ください。

ガンはどうしてできるの?

ウイルス、排気ガス、紫外線、放射線、たばこ、科学性の発ガン物質、ストレスなどが多くなると、活性酸素が多量に発生します。これらが過剰に増加すると細胞を傷つけ、遺伝子DNAに突然変異を起こして、ガン細胞の芽ができ、ガンが出来ていきます。



免疫とは、自分自身のものか(自己)、自分以外のものか(異物)を識別し、体をいつも健康な状態に保とうとする自己防衛力と自然治癒力のことです。その役割はおもに次の2つです。

1. 外部から細菌やウイルスなどが体に入ってきた時には、免疫細胞がそれら「異物」と戦い、体を健康な状態に戻そうとします。

2. ガン細胞など体の内部で生じる「身内の反乱者」を常に監視し、「異常」を見つけ出し、同時にそれらの動きを小さなうちに鎮圧して体を維持します。

◆ガンの治療で、抗がん剤を投与したり、放射線を照射したりするのは、1つには活性酸素を発生させ、そのガン細胞を殺す力をうまく活用するためです。しかし、同時に正常な組織まで攻撃し、どうしても吐き気、脱毛、腎臓への障害、骨髄細胞の減少などのよく知られた副作用が起きてきます。
このため、ガンの西洋医学的な治療に抗ガン、抗酸化などの働きがある漢方薬と健康食品をあわせて使うと、ガンの治療効果を上げると同時に、副作用を防ぐことができるのです。


下記の表は、免疫力を高めるためによく使われる漢方薬と健康食品です。
もっと詳しくお知りになりたい方は、お気軽にご相談ください。
「ガンと免疫に関するご質問集」もご参考下さい。 よくあるご質問をまとめました!



免疫力を高める漢方薬

働き
服用する場合の目安となる症状
漢方薬
腎を強める
腰痛、疲れ、脱毛、
遺精、健忘
やせ・のどが渇く・微熱・手足のほてり・寝汗・舌の色が赤く、舌の苔が少ない
手足が冷たい・むくみ・排尿困難・夜間尿
消化機能を強め
エネルギーを補う
体がだるい・動くと息切れ・食欲不振・自汗・舌全体が肥大している
気の巡りをよくする
憂鬱・イライラ・ため息・胸や腹部の膨満感・ゲップなど
血液を補う
貧血・血色が悪い・めまい・動悸・不眠・生理不順・冷え症・舌の色が白っぽい
血液循環を改善する
顔色がどす黒い・刺すような痛み・しこり・肩こり・舌に黒紫の斑があり、裏側の血管が怒張している
痰湿を排泄し、
代謝を改善
痰がからむ・むくみ・下痢・腹に水が溜る・尿が出にくい
熱や毒を取り除く
発熱・口渇・便秘(便が乾燥)・舌の色が赤い

◆抗ガン作用が注目されている生薬
アガリクス シベリア霊芝 星火霊芝宝



漢方のおはなし 漢方豆知識 症状別治療 取扱商品 ご相談窓口 お店の紹介 HOMEへ