HOME > 症状別治療薬 > 認知症

月経不順 喘息 アレルギー性鼻炎 不眠症 メタボリック 胃腸病 皮膚病 認知症


認知症

認知症とは 中核症状と随伴症状 中医学的に見た4つの原因


認知症は医学的に解明されていない部分も多く、西洋医学的に治療が難しい病気の一つですが、中医学の視点から見れば、かなりの部分が解明されています。次の4つのタイプが原因と考えられます。

○中医学的に見た4つの原因

この4つの原因を改善する事が、認知症の予防につながります。
その人によって症状や生活環境も異なりますので、治療方法及び介護方法も異なってきます。
ご本人さん、ご家族さんとの面接の上、具体的な治療法及び対処法をご提案申し上げます。
詳しくはご相談下さい。出張指導もさせて頂いております。お気軽にご相談下さい。



気血両虚
痰 湿
お 血
精 虚
血虚とは、血の不足及び血の持つ栄養作用の低下により、全身的また局所的な栄養不足状態と、それによる内分泌異常、自律神経失調や循環不良を起こしている、血色悪く、頭がボーとするめまい感など、その他色々な症状を示す。 痰とは水分代謝障害により、体内に生じた有害物質、これが血管内壁に沈着すると血流障害が起こり、脳動脈硬化や認知症の原因ともなります。 血液循環障害の事です。この循環障害により、大脳皮質の萎縮や脳動脈硬化などが生じ、認知症の原因となります。認知症は、脳血流と密接な関係があります。 加齢と共に、また大病後などに気力が著しく衰えます。生命エネルギーの低下により、気、血、水の巡りが低下して廃用症状、認知症状が起こります。



物 忘 れ ・ 認 知 症

個々の原因を改善する漢方薬



肝陽化風
化 痰
活 血
補気益精
機能状態・栄養状態が悪く、ストレスに対する抵抗力がなく、自律神経失調を伴う。ふらつきが生じる。
水分代謝をよくする。痰を化し、血流障害を治す。 血液を若返らせ、サラサラとした血液にします。 エネルギー補給と腎を強化し、脳髄を高めます。



抑肝散
真仙
脳の興奮や自律神経の興奮などにより、ふらつき、めまい、手足のふるえ、痙攣などが生じ、いらいら、怒りっぽいなどの症状が見られる。
胃腸の働きが悪くなり、水分代謝力が低下し、痰が生じ、神経症・不眠などの症状が起こりやすい。 活血により血の巡りが良くなり、血液の栄養を脳に送る事ができる。高血圧、頭痛などにも効果あり。 脳髄を補い、脳の若返りに効果ある腎を強化し、脳の老化を予防します。





漢方のおはなし 漢方豆知識 症状別治療 取扱商品 ご相談窓口 お店の紹介 HOMEへ