HOME > 症状別治療薬 > 胃腸病(消化器系の病気)

月経不順 喘息 アレルギー性鼻炎 不眠症 メタボリック 胃腸病 皮膚病 認知症


胃腸病(消化器系の病気)

★ここにあげました処方、分類方法等は一例にすぎません。
実際には、個々の複合体質により、処方が決定されます。詳しくはご相談下さい。


【症状】
ストレスによる胃腸障害で胃脹、腹脹、胃痛などが起こり易い。又、自律神経失調症などに伴って起こる事もある。胃酸逆流や神経性胃炎、胃・十二指腸潰瘍など胃症状に限って症状の現れる人とイライラ、のぼせ、肩こりなど自律神経失調症状を伴う人とがある。
[処方] [鑑別ポイント]
加味逍遙散 イライラ、不眠など多くの訴え、
寒熱交錯
開気丸 腹部膨満感、吐気、悪心
壮胃 腹痛を伴う胃炎、胃酸過多

【症状】
ストレスや過食などで胃腸障害が起こり、胃腸に痰湿が生じ、胃酸過多症状が見られる。湿熱による胃炎、胆のう炎、慢性膵炎などに加え、不眠などの精神症状がある人と、寒湿による胃腸障害により吐気、嘔吐、下痢、腹痛など急性胃腸炎様症状を現す場合がある。
[処方] [鑑別ポイント]
温胆湯 不眠、神経症、胃腸症状
勝湿顆粒 夏の感冒暑さによる胃腸症状、
食欲不振、下痢、全身倦怠

 

【症状】
胃腸虚弱、食欲不振(つかえ、もたれ)、倦怠感があり疲れやすい人で、胃腸の消化機能低下により、胃腸筋力低下(胃下垂、脱肛)、軟便、下痢の症状があり、精神症状を伴う人もいる。
[処方] [鑑別ポイント]
六君子湯 胃アトニー、食欲不振、 悪心、軟便
補中丸 胃下垂、脱肛、手足倦怠
妙光 全身倦怠感、不眠、健忘、貧血
【症状】
(痛みあり)
→胸脇苦満と腹痛を伴う。胃酸過多、吐気あり。

(痛みなし)
→みぞおちのつかえがあり、ムカムカ、吐気があって食欲低下が見られる。便は軟便気味。

[処方] [鑑別ポイント]
壮胃 胆のう炎、十二指腸潰瘍、
胃潰瘍、胆石などの腹痛
半夏潟心湯 みぞおちがつかえ、時に悪心、嘔吐、食欲不振で腹が鳴って軟便又は下痢傾向ある


漢方のおはなし 漢方豆知識 症状別治療 取扱商品 ご相談窓口 お店の紹介 HOMEへ