HOME > 症状別治療薬 > メタボリックシンドローム

月経不順 喘息 アレルギー性鼻炎 不眠症 メタボリック 胃腸病 皮膚病 認知症


メタボリックシンドローム

★ここにあげました処方、分類方法等は一例にすぎません。
実際には、個々の複合体質により、処方が決定されます。詳しくはご相談下さい。


【症状】
脂肪太り、中年肥りの体毒の為、便秘がちとなり、高血圧の症状(肩凝り、のぼせ、動悸)を伴い、蕁麻疹や湿疹が出来やすい体質。卒中体質、糖尿病。
[処方] [鑑別ポイント]
扁鵲 肥満気味、便秘、のぼせ、湿疹

【症状】
体力があり筋肉質でガッチリした体格、便秘気味で、みぞおち部が張って苦しく、のぼせて肩凝り、耳鳴りなどを伴うもので、胆石症、肝機能障害、高血圧症、脳溢血、蕁麻疹、胃酸過多症、悪心、嘔吐、急性胃腸炎、痔疾などの症状があり、イライラ、精神症状も見られる。ノイローゼ、不眠症にもなり易い。
[処方] [鑑別ポイント]
大柴胡湯、扁鵲 臍から上の緊張、みそおちの張り
むかつき、嘔吐
メタボリックシンドロームは、内臓脂肪症候群の事です。中高年の男性は2人に1人、女性は5人に1人が対象と言われています。内臓に脂肪がつきすぎると血液の変化、血行障害等によりホルモン分泌バランスが崩れ、高血圧、高血糖、高脂血症を引き起こし心臓病や脳卒中、脳梗塞等の生活習慣病を引き起こします。この予防に、漢方の九味半夏湯加減方が体質に関係なくより効果が出ています。
(虚弱体質の人よりも、中等度以上の体力の人によく効きます)
【症状】
比較的体力があり、下腹部の筋肉が緊張し、排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけ等がある人。肝経の湿熱で、口苦、脇痛、目の充血等が見られ、イライラする。脾胃に湿と熱が貯まれば、不眠症状とともに、水毒により肥満気味となる。
[処方] [鑑別ポイント]
瀉火利湿顆粒 下腹部の緊張、圧痛、
目の充血、口苦、小便難渋、
前立腺炎
温胆湯 不眠症、精神症状、うつ症
【症状】
顔色がくすみ、シミやソバカスが増え傷跡などが消えにくくなる。唇が紫色っぽい。眼の下に隈ができ易く、肩凝りや腰痛がある。アルコールやタバコ、油物の過食により、血液が汚れ、微小循環障害や血流障害が生じ、その為、色々な生活習慣病を生じます。動悸、痛み、腫瘍などの症状もお血が関与している場合が多い症状です。
[処方] [鑑別ポイント]
血府逐お丸
更賜
生理不順、生理痛
冠元顆粒
二号方
肩こり、頭痛
恵賜 冷えのぼせ、シミ、ソバカス


漢方のおはなし 漢方豆知識 症状別治療 取扱商品 ご相談窓口 お店の紹介 HOMEへ