HOME > 症状別治療薬 > 不眠症

月経不順 喘息 アレルギー性鼻炎 不眠症 メタボリック 胃腸病 皮膚病 認知症


不眠症

★ここにあげました処方、分類方法等は一例にすぎません。
実際には、個々の複合体質により、処方が決定されます。詳しくはご相談下さい。




【症状】
虚弱体質で血色の悪い貧血症で疲れ易い人。不眠症、精神不安でイライラ、のぼせ、ほてり、胸苦しさの症状のある人。健忘症状も見られる。元気不足によって、心の働きが弱まり、不安感や細かいことが気になって寝つきが悪く、怖い夢をよく見る。少し動くと動悸がし、疲れ易くなる。
[処方] [鑑別ポイント]
妙光 全身倦怠感、不眠、イライラ、神経症状、食欲不振



【症状】
日頃より脾胃(消化器)の働きの悪い人、又、水分の摂り過ぎ、酒の飲みすぎが長期に続くと、体内で湿邪となり、精神活動に影響を与え、イライラ、不眠、憂鬱感、不安感などの症状が現れる。胸苦しさから悪夢を見る事もある。鎮静、安眠作用と共に、湿邪を取り除き、胃腸をしっかりさせる。
[処方] [鑑別ポイント]
温胆湯 舌苔黄賦、体力はある


【症状】
更年期による腎虚により、下肢、腰部の虚弱から腎の老化が進み、心熱を冷やす事が出来ず、イライラや不眠症、肩凝り等ののぼせ症状が出る。動悸、息切れ、不安感、手足のほてり、口渇などの陰虚症状から来る不眠や寝つきの悪さがある。
[処方] [鑑別ポイント]
天王補心丹 顔面紅潮、口内炎、舌炎、
耳鳴り、頭のふらつき、
口が渇くがあまり水分ほしくない


【症状】
ストレスや精神的な刺激で起こる不眠、緊張や興奮で眠れない。寝つきが悪い。頭痛、頭重、口が苦い、イライラなどの症状がある。ストレスによる気のめぐりが悪く、不眠を訴える人が多い。腹部の張り、ガスが溜まる、動悸などを感じる。
[処方] [鑑別ポイント]
加味逍遙散 イライラ、寒熱症、不眠、
生理不順、色々な訴えが多い
休意 胸脇苦満、ヒステリー、
動悸(臍上)、心悸亢進、
不眠、抑うつ、高血圧症


漢方のおはなし 漢方豆知識 症状別治療 取扱商品 ご相談窓口 お店の紹介 HOMEへ